高次脳機能障害は、本人にも認識されにくい上、目に見えない障害という事や、それぞれの障害の度合や出方にも違いがある為、理解されにくいのが現状です。発症原因は、脳血管障害、交通事故、ウイルス性脳炎、低酸素脳症等多岐に渡り、誰にでも起こる可能性の高い障害です。ただ、本人に障害の意識がなく、場合によっては家族も気付きにくいことがあります。

ある日突然交通事故に遭い、病気で倒れ、必死の思いで怪我や病気と闘った後に現実がやってくるのです。

一見見ただけでは、症状が見えにくい
本人も家族もやり場のない苦しみを抱えています。
周囲の理解が必要なのです。

■記憶が出来ない、言葉が出ない
■当たり前に出来ていた日常の作業が出来ない
■今、自分が何処に居るのか分からない
■順序よく服を着ることもままならない
■感情のコントロールが出来ない  等々…